本文へスキップ

曹洞宗系単立宗教法人

TEL. 0120-683-583

24時間対応・深夜や早朝でもご供養をいたします

正雲寺とは







ごあいさつ


皆さま、こんにちは。
大分別院住職の無著(むじゃく)です。
当院は正雲寺会津本山の別院として、2012年に開山したばかりの若いお寺です。伝統と格式は本山に任せて、当院は明るく開放的で現代的な仏教を提案して行きたいと思います。仏殿ではバイオリンのリサイタルやJAZZライブも行っています。毎月の写経会では、お寺カフェも同時オープンします。「お寺は敷居が高い」「少しこわい」というイメージをどんどん吹き飛ばしていきますよ!いつでも遊びに来てくださいね。


正雲寺について

正雲寺( しょううんじ)は曹洞宗(そうとうしゅう)系の単立寺院です。ご本尊は仏教の開祖、釈迦牟尼仏(しゃかむにぶつ)、守り御本尊は観音菩薩(かんのんぼさつ)です。1562年(永禄5年)室町時代、上杉謙信一族ゆかりの寺として建立されました。時の全佐上人(ぜんさしょうにん)によって開山され、以降450年にわたり法灯を守り継いでおります。福島県会津若松市の護法山正雲寺を総本山とし、大分県由布市に尼僧堂別院がございます。

正雲寺の修行僧たちは、教主釈迦牟尼仏と宗祖道元禅師(どうげんぜんじ1200-1253)の教えを仰ぎ、日々心の修養に勤めています。一方で、釈迦牟尼仏の教えを学び広めるためには、一宗派一宗旨にこだわることなく、広い視野を持つことが大切であると考えます。そのため、信仰の形や宗派を問わず、すべての人々に寺を開放しております。正雲寺を「みんなのお寺」と呼ぶ理由です。


護法山正雲寺 会津本山

正雲寺の五つの「自由」

一、宗教宗派の自由

正雲寺は、宗教・宗派・国籍など一切不問です。菩提寺が遠くにある方・菩提寺のない方・他宗派の方・無宗教の方など、どなた様でも平等です。また、正雲寺は修行道場であり、檀家寺ではありません。檀家になるよう勧誘したり、寄附を迫ったりすることもございません。

二、境内拝観の自由

仏法は、すべての衆生の心を照らすものです。仏法を伝える使命を負う寺院も、すべての衆生に開かれていなくてはなりません。どうぞご自由にご拝観ください。

三、写真撮影の自由

遠くからご来寺くださった皆さまが、お寺や仏像の写真を撮りたいと思うのは当然のことです。ご自由にお撮りください。傑作ができましたら、ぜひ私どもにも見せてください。

四、ペット散歩の自由

すべての命は平等です。人と動物を隔てることはいたしません。境内はどこも散歩自由です。ペットと一緒に散歩を楽しんでください。皆さまが気持ちよく楽しめるように、ウンチの後始末などの最低限のマナーはお守り下さい。

五、住職面談の自由

複雑な人間関係や社会構造などによって引き起こされる心の病。正雲寺は心の相談所です。ご相談は無料です。秘密は厳守いたしますのでご安心ください。


宗教から衆教へ

現代の仏教は、伝統や格式といった余計な飾りを身にまとい過ぎました。その教えは無用に哲学化され、煩雑なものとなってしまいました。「所詮きれいごと」と思われて、私たちの日常生活からは遠い存在になってしまったようです。時代は家制から個人へと移り変わり、宗教のあり方もまた変化しています。しかし時代がどのように変わろうとも、「幸福」が人々の願いであることに変わりはありません。仏教はただひたすらに「どうすれば人は幸せになれるか」を考えるのです。

正雲寺は、釈迦牟尼仏の説く「慈悲」と「智慧」のもと、「安らぐ・学ぶ」をモットーにしています。「宗教は何のためにあるのか」という問いに立ち返り、もっと自由に、もっと身近に感じられるものにしたいと考えております。「宗教から衆教へ」というスローガンに、そんな思いを込めました。皆さまが気軽に集える寺となりますよう、笑顔と優しい言葉でお迎えいたします。




バナースペース

吉祥山正雲寺 大分別院

〒879-5525
大分県由布市挾間町朴木1027
地図を見る

フリーダイヤル
0120-683-583
TEL 097-583-4433
FAX 097-576-7448
メール mujyaku@shounji.jp

護法山正雲寺 会津本山

〒965-0815
福島県会津若松市東山町湯川
角仏沢643

TEL 0242-28-1110
FAX 0242-28-7078
ホームページはこちら