本文へスキップ

曹洞宗系単立宗教法人

TEL. 0120-683-583

ペット葬は24時間対応・いつでも火葬とご供養を承ります

由布美術館







お寺に美術館?

仏教が「心の幸せ」なら、芸術は「目の幸せ」と言えるでしょう。この世の中に、人に喜びや感動を与えるものはそれほど多くはありません。人類の歴史で「思想」と「芸術」がその役割を担ってきました。正雲寺では、仏さまの教えと人が創造した芸術とを二本の柱にして、皆さまに喜んでいただきたいと考えております。お寺と美術館、人類の遺産をどうぞお楽しみください。




収蔵品の紹介



ジャン=フランソワ・ミレー『落ち穂拾い』
1855年作 エッチング


Jean-François Millet (1814-1875)
1840年頃より農民画を制作。49年にはフランス中北部のバルビゾンに移住し、本格的に農民画制作に専念しました。貧しい農民の姿に宿る人間の尊厳を描き、信仰にもとづく理想的な生活を求めました。代表作に『種をまく人』『晩鐘』などがあります。

本画は、同名の油絵(1857年作、ルーブル美術館所蔵)の習作として制作されました。習作とはいえ、すでに完璧な構図が仕上がっていたことを物語っています。『落ち穂拾い』は旧約聖書に基づく作品です。律法によれば、麦の落ち穂拾いは、農村社会において自らの労働で十分な収穫を得ることができない寡婦や貧農などが命をつなぐための権利として認められた慣行で、畑の持ち主が落ち穂まで残らず回収することは戒められていました。ミレーは、神がすべての命を養っていること、人は助け合いによって各自の尊厳を維持していることを目の当たりにし、深く感銘したのでした。



バナースペース

正雲寺 大分別院

〒879-5525
大分県由布市挾間町朴木1027
地図を見る

フリーダイヤル
0120-683-583
TEL 097-583-4433
FAX 097-576-7448

メール mujyaku@shounji.jp

正雲寺 会津本山

〒965-0815
福島県会津若松市東山町湯川
角仏沢643

TEL 0242-28-1110
FAX 0242-28-7078

ホームページはこちら

正雲寺 京都別当

〒616-8006
京都市右京区龍安寺住吉町22
TEL・FAX 075-406-5939

ホームページはこちら